慶応ラグビー部の練習メニューやノウハウ

こんばんは、ラガーマンのヒロトです。今日はラグビーの個人的な悩みについて書きますね。チームの勝利のため、毎日のようにラグビーの練習をがんばっていますが、思ったように上達しません。一応、レギュラーにはなれているのですが、チームに貢献できているかどうか不安はあります。

ラグビーだけでなく、他のスポーツにも共通していると思いますが、厳しい練習に励めば、その分だけ上達するわけではありません。ラグビーには練習以外にも、強靭な肉体作りも必要です。でも、自主トレをして、ライバルにこっそり差をつけたいですよね。野澤武史のラグビー上達革命という教材に頼ってみるといいかもしれません。野澤武史は慶応義塾大学のラグビー部ヘッドコーチを務めた方です。いまも現役でヘッドコーチをしているかどうかは分かりませんが、ラグビー上達革命の公式サイトには、現・慶応義塾大学ラグビー部ヘッドコーチと書かれています

慶応大学のラグビー部といえば、早稲田大学や明治大学などと並ぶ強豪校です。ラグビー早慶戦で有名なので、みなさんもご存知でしょう。僕も早慶戦の試合を見に行ったことがあります。ラグビーの練習メニューというのは、チームや学校によって違うと思います。練習メニューやトレーニングメニューによって、チームの実力に差が生まれてくると思うのですが、効率的にラグビーが上達する練習メニューがあるのです。そこは、慶応大学の野澤武史ヘッドコーチのノウハウなので、無料では公開できないというわけです。

ただ、気になるのはライバル校にマネされて、チームの不利益にならないのかなという点です。まさか、大事なポイントは出し惜しみしているとか、そんなことはないですよね。ラグビー上達革命の内容としては、ラインブレークできるサポートプレイの練習方法、モールへのディフェンスの練習法、少人数でもできるコンタクトプレートレーニング、ラインアウトで負けないエッジのプレイヤーのスキルアップ法などです。

小柄な選手でもトライをとれるモールの極意なんてのも収録されています。僕はタックルのスキルを磨きたいですね。野澤武史のラグビー上達革命は、ラガーマンだけでなく、監督やコーチといった指導者の立場の人にもお勧めできるDVDです。もし、DVDを買うお金がなかったら、監督に勧めて購入してもらいましょう(笑)

参考サイト http://www.ラグビー練習方法.tokyo